ご予約はこちらからどうぞ
RENTAL BICYCLE FUUNE English web site
レンタサイクル風音 京都駅店
京都市下京区御方紺屋町5番
堀川塩小路交差点西側
営業時間
夏季(4月~11月)8:30~19:00
冬季(12月~3月)9:00~18:30
定休日 不定休
  • ※早朝レンタル可(お電話のみ受付けております)
  • ※営業時間外でのご返却はご相談ください。
  • ※ご予約については、土日祝も対応致します。
  • ※ご予約時間を過ぎてもご連絡の無い場合はキャンセルになります。ご利用時間に間に合わない場合は、ご利用時間までにお電話、メールにご連絡ください。(12時以降の受け取りは、原則としてお受け出来ません)
TEL:075-371-7800
FAX:075-371-7808
E-mail :
ご予約はこちらからどうぞ

スタッフブログ

東寺終い弘法市「こんなお店がありました!!」

2016/12/22

こんにちは。

早いもので12月に入り、もう年末が近いというのに、京都は昨日も今日も暖かい日が続いています。

とは言うものの5日程前迄は、厳寒期のような寒さでしたが・・・異常気象と言われてますが、年々季節の変わり目がわかりにくくなってきている様な気がします

レンタサイクル風音では、これからの寒い時期も健康的に自転車で活動してもらおうと、冬期限定のスペシャルプランをご用意致しました。

クロスバイク(電動自転車以外)男性・女性・お子様用が3時間500円で借りられるというとてもお得なプランです。

寒い冬1日中自転車はキツイ・・・でも観光目的地が限られている場合は、自由に寄り道が出来るし少々の寒さも短時間なら十分楽しめます。

今回、そのプランを使ってレンタサイクル風音から自転車でわずか5分チョットで行ける所をご紹介します。

世界遺産にも登録されている東寺(教王護国寺)です。

P1050041.JPG

五重の塔が有名で、毎月21日には、弘法市が開かれます。

昨日は今年最後の弘法市、終い弘法(しまいこうぼう)の日でした。

終い弘法は毎月の弘法市の中で最も賑わう日です。

東寺の境内いっぱいにさまざまなお店の屋台が所狭しと並んでいて、活気にあふれています。

どんなお店があるかといいますと・・・

P1050030.JPG

 

 まずは、七味唐辛子屋さん。

伏見稲荷大社のきつねが可愛らしくお客様を待っています。

「唐辛子ときつね?」と不思議に思い、足を止めてしまわれる方もいるのでは?

小さい瓢箪(ひょうたん)に入った七味は、本物感があっていいですよ。

甘辛く炊いたお揚げがのってるきつねうどんに、七味をかてて食べるのも美味しいですよね。

 

 

 

 

P1050046.JPG

     P1050053.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は古着屋さん。

古着と言っても見て下さい。このたくさんの羽織。

値段はとってもリーズナブルで500円~1000円くらいのものもあれば、もう少しするものもありました。

帯や紐などもあって、見ているだけでも楽しいです。

着物に合わせる下駄やかばんもこここで見つかります。

自分にあった色合い、模様の着物などを探している外国の方もよく見かけました。

ちゃんとセットになっているので、よく見て選んで下さいね。

  

P1050034.JPG

 

 

こちらはお箸屋さん。

新年に向けて、新しいお箸を揃えようと思われる方もきっとおられるはず。

毎日使うお箸だから、自分のお気に入りを見つけたいですよね。

男女ペアのお箸もありますよ。 

 

 

 

 

P1050055.JPG

 

P1050058.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弘法市と言えば、骨董品。

価値のわかる人にはわかる?品々です。

お店の人に特徴を聞いたり、値段を交渉しながら、気に入ったものを探します。

もしかしたら掘り出し物も見つかるかもしれません。

昔のレコード盤ばかり扱っているお店なんかもありました。

 

P1050033.JPG

 

食べもの屋さんもたくさんあります。

佃煮やさんには、山椒の実、昆布、しその実など専門店ならではの品々が。

佃煮は日持ちもしますし、冷蔵庫にあると、白ごはんが食べたくなりますよね。

近くのお漬物屋さんには旬の丸大根を使った千枚漬けや、定番のしば漬け、おしんこも。

試食をしていると、ついつい買いたくなってしまします。

 

 

 

P1050032.JPG

 

 

こんな こんにゃくは見たことありますか。

田舎こんにゃくと言って東寺さんの弘法市では必ず売っています。

炊いた田舎こんにゃくを売っているお店もあって、温かくて美味しそうです。

ここでしか見たことのない海産物の乾物、手作りのゆずジュースもあります。

お店の人に聞けば、美味しい料理方法も教えてくれるかも。

 

 

 

P1050048.JPG

 

 

お豆屋さんを見ても、この豊富な品ぞろえです。

お正月のお節料理には、欠かせないのがこの豆。

豆は元来、丈夫・健康を意味する言葉で、「まめに働く」などの語呂合わせからお節料理に入れられるようになったそうです。

 重箱の中の「黒豆」は、お節料理の中で、ほんのり甘い味付けでいいですよね。

 

 

 

P1050038.JPG

 

 

 

最後は終い弘法ならではのクリスマス、お正月グッズです。

来年は酉年ですね。

自分の家に飾るも良し、ちょっとしたお土産にするも良しです。

こんな人形が見のつくところにあると、新年を迎えるにあたり、心が少し明るくなる気がしませんか。

 

 

 

 

P1050070.JPG

 

そして、玄関には盆栽です。

大きなものから、ちょっと棚に置けそうなものまで、いろいろ。

葉牡丹、しめ縄などもあり、お正月のお飾と言えばこんなものもあったなと、昔の伝統を思い出させてくれます。

伝統のあるお正月を飾り物で飾って、お客様をお出迎えするのもいいですね

ちなみに数は少なかったものの、クリスマスの手作りリースやポインセチアもありました。

 

 

 

昔懐かしい物から、今必要な物までありとあらゆる物が揃っているような感じで、何も買わなくても見て回ってるだけでも大変面白いです。

最近は外国人観光客の姿もよく見られます。

確かに外人さんから見れば、タイムスリップで昭和の京都に来たような錯覚をしてしまいそうな弘法市って、すごい興味深いものなんだろうなぁって感じがします。

次開催は来年の1月21日です。

初弘法も大変なにぎわいです、観光に来られた際は是非訪れてこの雰囲気を味わってみて下さい。

 

なんと言っても京都は寺社仏閣の町なので、レンタサイクル風音から10~20分程度で行けるお勧めのところがたくさんあります。

伏見稲荷大社、清水寺、二条城、京都水族館(鉄道博物館)など、3時間あれば観光できます。

寒い冬も自転車を効率的に使い、京都観光楽しんでくださいね。